オープンエリア

気軽に立ち寄りやすい交流ゾーンでは4つの入り口から出入りすることができる。作品が展示されているだけでなく、本が読めたり、子供たちが楽しく過ごせるスペースもあるようで、様々な楽しみ方ができそうだ。また、美術館のグッズも販売されているので記念に購入するのもいいだろう。

カフェレストランもあり、休憩がてらティータイムもいいかもしれない。

↑このページの一番上へ